30歳から始める顔の「洗い方」

30歳から始める顔の「洗い方」

 

 

「与える」ケアばかりにこだわって「洗う」ことがおろそかにはなっていませんか??

 

実はお肌はまっさらにして次に使うアイテムの受け入れ状態をよくする「洗う」お手入れこそが更なるキレイのカギになります!いま一度「洗い方」を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

まずはチェック!あなたの「洗い方」間違ってませんか?

 

毎日スクラブ洗顔してツルツルにしてる

スクラブ洗顔は、週一回にとどめてこそ美肌づくりをサポートできます。スクラブ後の肌はツルツルスベスベの手触りになるから、毎日やりたくなる気持ちもわからなくはでいですが、頻繁なスクラブはお肌が本来もつバリア機能を低下させて、ダメージにつながることも・・・。スクラブは週1で我慢しましょう!

 

洗顔料は使わずに水だけで洗っている

季節や肌状態によっては、ぬるま湯ですすぐだけでもOKです。寝ている間にも汗をかき、枕やシーツのホコリなどでお肌は汚れるので、朝も洗顔料を使って洗うのが基本になります。とはいえ極度の乾燥肌の人やお肌が揺らいでいるときは、刺激にならないようにぬるま湯ですすぐだけでもOKです。

 

ふわふわの泡で出てくる洗浄料でやさしく洗うようにしてる

潤いも奪わずスッキリ洗うのにはもってこいです!ここ数年でよく見かけるようになった、プッシュするだけでふわふわの泡で出てくるボディウォッシュや洗顔料。ズボラ??と思いきや実は「ラクしてキレイになれる」今すぐ手にすべきアイテムです。やさしく正しく洗うために注目してみてください。

 

 

顔の正しい洗い方

 

夏は汗や皮脂の分泌量も増え、ついついしっかり洗いがちに・・・。でも実はお肌の内部は夏だからと言ってそれほど変わりはないんです。だからこそ洗いすぎて潤いが低下し、お肌がインナードライに傾いてしまっている人が多数です。さらに紫外線やエアコンなどの影響でお肌は余計に乾燥しやすくなっているので、潤いを奪わずやさしく洗うことが大切になります。

 

しっかりと泡がたつ洗顔料でモコモコの泡をたてて、お肌の上で転がすように洗い、人肌程度のぬるま湯ですすぐ。基本的ことになりますが改めてただすことで、後に使うスキンケアの受け入れ状態をよくし、お肌を上向きにしてくれること請け合いです!

 

空気を含ませるように泡立てる

ぬるま湯で軽く顔をすすいだあと、洗顔料を手にとり少量のぬるま湯を加え、指先を茶せんのようにして空気を含ませながらしっかり泡立てましょう。ふっくらキメ細かく弾力ある泡にしましょう。

 

ベタつきが気になるTゾーンから泡を

お肌に直接手で触れることのないよう、お肌の上で泡を転がすような感覚で汚れを泡に付着させていきます。洗い始めは、乾燥しやすい頬よりもベタつきの気になるTゾーンから。

 

顔全体に泡を広げていく

泡を頬や額の生え際、輪郭など顔全体に広げていきます。お肌を手でひきずることのないよう、ふわふわの泡のクッションを軽がし、ササッと手早く洗いましょう。

 

加齢臭のもと、耳裏もフォロー

手に残った泡でついでに、汚れがたまりがちでニオイのもととなる耳裏を。朝の洗面台での洗顔では洗いにくいかもしれないけど、夜のバスルームでの洗顔の時は必須です。

 

すすぎはしっかり、ふきとりはやさしく

すすぎは少し冷たいと感じるくらいのぬるま湯で行いましょう。顔の内から外へすすいだあと、手を横にして生え際やあご下などもしっかりすすぎましょう。洗い上がりはタオルでやさしく水気をふきとるようにしてください。