白漢しろ彩の口コミがすごいっ!!【これはステマ・・・?】

赤ら顔・酒さについての考察

 

頭やひじ、ひざ、外陰部などの皮膚の表面に赤い斑点ができて、つでてて魚のうろこのような白いかさぶたができる・・・。

 

そしてなかなか治ってくれない・・・。

 

いつの日にからか記憶にないけども、次第に赤ら顔になって、ついでに鼻などの周りにうブツブツができて、まん丸な団子鼻になってしまいます・・・。

 

これは「酒さ」という皮膚症状になります。

 

いずれの皮膚症状も、ほとんど痛みを伴うことはありません。

 

 

ただ、一般的な意見として見た目が見苦しいですし、伝染性の皮膚病や性病などと誤解されることが多くなってしまいます。

 

そのためにこれらの皮膚症状に悩んでいる人々は、人から気持ち悪がられ、敬遠され、あるいはあなどられることだって少なくないはずです。

 

たとえば、プールでの遊泳を断られたりすることも稀ではないのです。

 

そこで一日も早く治療しようと考えても、それがなかなかうまくいきません。

 

というのは、いずれの皮膚症状もまだその原因が完全には解明されていないのです。

 

そのために、現代医学はお手上げに近い状態で、ステロイド軟こうという、効き目は素晴らしいけど副作用もものすごい軟こうを使用して症状を一時的にやわらげる程度の治療しか行ってもらえません。

 

たぶんですが、体内のさまざまな代謝作用、とりえあけて脂肪代謝の異常が原因ではないかという推測はあるのですが、はっきり言って無力に近いのです・・・。

 

そのために、多くに人々が乾燥や酒さのもたらした皮膚症状を抱えたまま、苦しく、寂しい毎日を送っているのです。

 

これは、このまま放っておくわけにはいきません。

 

さまざまな薬効成分を用いて、用いた人の体質を根本から改善してそれによって脂肪代謝をはじめとする体内の代謝作用を正常化するのです

 

もちろん、天然の薬効成分を使用したというだけに副作用もほとんど心配ありません。

 

赤み顔・酒さはもちろん、生命にかかわるような皮膚病でもありません。

 

「だったら、気にする必要ないしじゃん!放置しとえばオッケーね!」

 

と考える人もいるかもしれません。

 

しかし、軽く考えていた人がこの病気を発病させると、例外なく悲鳴をあげはじめます。
その理由はふたつ考えられます。

 

ひとつめは、この病気の本当の怖さは、赤い斑点や白いうろこのようなカサブタが、頭やひじ、ひざ、といった人目につきやすいところに出やすいからです。

 

これは、患った人々の日々の生活をものすごく苦しめることになります。

 

みっともなくて気軽に外出できなくなってしまいます。

 

衣服などで隠さなければなりません。夏になっても、うっかり半袖のシャツを着ることができなくなりますから、これは大変苦痛になります。

 

そうでないと、「なんだそれ・・・、みっともない・・・。」

 

と侮られてこの皮膚病の性質を知らない人からは、「伝染したらいやだから近寄らないでよ・・・。」

 

と嫌われてしまいます。しかも、ふつう一般の人にはこの皮膚病が伝染しないなど、知られていないことが多いのです。

 

ほとんどの人から嫌われて敬遠されると考えていいでしょう。もちろん、温泉やプールなど、肌を露出する場にはいけなくなります。

 

自分は偏見など気にしないなどと頑張って温泉やプールに行った場合でも、周囲の人々から敬遠されて嫌悪のまなざしでながめられますから、きわめて不愉快な気分になってしまいます。

 

誤解されたまま、恋愛や結婚のチャンスを逃してしまうことなんかも・・・。

 

ふたつめの理由は、きわめて治りにくい皮膚病であるというところにあります。

 

すぐに慢性化して発病した人をいつまでも苦しめます。

 

というのは、乾燥になってしまうと、赤い斑点や白いかさぶたの出た表皮の細胞の細胞分裂が異常に活発になるからです。

 

軽いやけどの痕跡などから、すぐに古い皮膚が新しい皮膚に入れ替わって跡形もなくなるものですが、皮膚の新陳代謝のスピードが通常の表皮のそれの2〜4倍にもなっていますから、一度発病させてしまうと、きわめて長引いてしまいます。

 

これは、いつまでも頭やひじ、ひざ、外陰部に赤い斑点や白いかさぶたを抱えて人目を恐れながら生活しなければならないことを意味します。

 

蒸し暑い夏であっても、ひざやひじをきちんと覆う衣服を身に着けなければなりません・・・。

 

プールで涼を楽しむ事なんて夢のまた夢ですよね。

 

もちろん、親しい友人たちの温泉旅行に気軽に酸化することもできません。

 

それどころかお勤めしている会社の同僚や取引先、お客さんにも嫌がられて窓際に追い込まれたり、ひどい時には会社やパート先からクビを促されてしまうことだって前例としてあります。

 

会社の正規社員の場合ですと、労基法規もあって簡単にクビにはならないでしょうが、パートのような場合には、いとも簡単に「やめてもらいます。」ということになりかねません・・・。

 

やはり、日常の生活に大きな支障をもたらす皮膚症状があります。

 

【酒さ】という名前で総称されている皮膚症状になります。

 

この酒さといのは、お酒に酔っているわけでもないのに、常に顔が真っ赤になってる皮膚症状にあって、また常に、鼻にニキビのようなぶつぶつができている皮膚症状になります。

 

一般には酒好きの人がなりやすい皮膚症状なものですので酒さと総称されていますが、酒をほとんど、あるいは全然飲まない人にも発症する皮膚症状になります。

 

たとえば、冷たい風にさらされる機会の多い人なども、この皮膚症状を発症させやすくなります。

 

男性がこの酒さの症状を呈するとほとんどが、

 

「だいぶお飲みになるんですねー!」

 

「少しはお控えになった方が・・・。」

 

などとのん兵衛ぶりを指摘されて、場合によっては、「そこまでの赤ら顔になったということは、肝臓の方もだいぶやられているに違いない」などと、健康状態まで疑われてしまいます。

 

さらに赤ら顔で、とりわけ鼻が赤く、そこにぶつぶつができているというのは愛嬌があるといえばあるのですが、言葉をかえるなら一種の滑稽感もともなってきますから、一般には侮りの対象となって、あまり人からは尊敬されなくなります。

 

女性の場合ならば、もっと困ったことになってしまいます。

 

美容上の大敵なのです。

 

この皮膚症状を抱えた女性は、みっともないと考え、なるべく自分の顔を人前にさらしたくないと、出不精になったり、人付き合いを避けたりしがちで、乾燥を患ってる人と同様に、社会生活、社交生活が大きく阻害されてしまいます。

 

一度、赤ら顔になり、鼻にぶつぶつができてしまうとなかなか治らずに、いったん治ったかと思ってもじきに再発するという困った性質もあるのです・・・。