美肌を取り戻したい!顔の乾燥・赤みのおすすめケア方法

美肌を取り戻したい!顔の乾燥・赤みのおすすめケア方法

 

春になると肌が痒くなったり、花粉などでアレルギーになったりする人も増えます。

 

最近、頬の赤みで悩む人も多くなってきました。皮膚が薄くて、乾燥や紫外線などで肌が敏感になっている人も多くいます。

 

そこで、乾燥や顔の赤みで悩む人などに顔の乾燥や赤みのおすすめケア方法についてご紹介したいと思います。そこで、まず、頬の赤みについて、原因をご紹介したいと思います。

 

 

赤ら顔の原因について

 

赤ら顔の原因に肌が薄いことが挙げられています。

 

頬などの皮膚が薄くなってしまって赤くなってしまっているのです。生まれつき皮膚が薄いという人もいます。

 

 

しかし、他にも、ピーリングなどで皮膚を削ってしまったことが原因で赤ら顔になっている人もいるのです。

 

これは、毎日行っている洗顔やピーリングマッサージなどが原因で起こったりするのです。

 

ピーリングなどをする時に、肌を擦っていないという人も、ピーリング剤に含まれている成分で皮膚が薄くなることもあるのです。

 

過度の角質のケアを行うことによって、必要な角質層が取り除かれてしまい、顆粒層が露出した状態になっていると赤ら顔になりやすいのです。

 

 

角質層がなくなってしまうと、顆粒層を保護する層がなくなっているため、紫外線などの影響をダイレクトに受けやすくなってしまいます。

 

また、角質層は水分を保持する役割があります。

 

しかし、角質層がなくなっているので水分保持機能が十分働かずに肌は乾燥してしまいます。つまり、赤ら顔の人は乾燥肌になっているのです。

 

 

乾燥肌の人の乾燥の原因

 

乾燥肌で肌がカサついた状態になっている場合でかゆみの症状がでている場合は乾燥に注意することが大切です。

 

肌のかゆみは皮膚のバリア機能が低下しているから起こっているといえるのです。

 

肌のバリア機能が低下しているため、ちょっとした刺激でも敏感になっていて、肌荒れにつながりやすいのです。

 

肌が荒れた状態になっている時には、肌の角質層の水分保持機能が十分に働いていないのです。

 

 

赤ら顔も乾燥肌も角質層の機能不全が原因

 

かゆみなどが起きていて炎症が起こっている状態になっている時、炎症が赤みや肌荒れなどの原因に見えます。

 

しかし、炎症そのものは人間の肌が外敵の侵入から体を防御する免疫反応です。

 

しかし、無駄な炎症を起こさせないということが大切になるのです。

 

 

頬の赤みやその他の肌トラブルを起こさせないためには、角質層の水分保持機能が十分に機能する状態にすることが大切なのです。

 

つまり、皮膚が薄い状態を改善したりして、角質層が十分な水分を保持できるようにすることが最善策なのです。

 

 

肌の改善におすすめのスキンケア

 

まず、薄い皮膚を改善するためには、角質層が健康な状態であることが不可欠です。

 

角質層が十分に機能するようになれば、全体として水分保持量も増えてバリア機能も十分働くようになります。

 

そのことで刺激が和らぐのです。過敏な反応は起こりにくくなり、顆粒層の毛細血管が常に拡張している状態も必要なくなります。

 

このように、角質層は赤みの改善にとても大切な存在で、乾燥肌を防ぐための十分な水分保持ケアをすることが不可欠なのです。

 

 

顔の乾燥や赤みのおすすめケア方法

 

赤ら肌や乾燥肌の改善におすすめの保湿ケアをする最適なタイミングはお風呂上がりです。

 

入浴直後はお湯や湯気によって肌がしっとりとしています。

 

その水分を逃がさずに、肌に閉じ込めましょう。

 

何もしなければ、お肌から貴重な水分が蒸発していってしまいます。

 

すぐに乾燥することになりますので、お風呂上りにすぐにクリームやオイルを使用して保湿をしましょう。

 

セラミドやプラセンタなど、今話題の保湿成分がしっかりと配合されている化粧品などを活用して効果的にケアしましょう。

 

オールインワンなどを用いると時短で着ておすすめです。

 

 

>>管理人愛用中の赤ら顔専用の化粧水はコチラ