「すぐ顔が赤くなる・・・。」赤ら顔の原因と予防法について

「すぐ顔が赤くなる・・・。」赤ら顔の原因と予防法について

 

人から見ても明らかに顔が赤いと思われてしまう事は、男女問わずに気分が良い事だとは思いませんが、得に女性にとっては最も改善したいと思う事だと感じます。

 

 

しかし、どうして?顔がすぐに赤くなってしまう赤ら顔タイプの人と、全然顔が赤くならないタイプの人がいるのでしょうか?

 

 

赤ら顔の人は、夏場は気温の高さで日照りで顔が赤くなってしまったり、冬場は温かい室内と外気温との差から外へ出た時に特に顔が赤くなってしまうそうなのですが、赤ら顔の原因は多く分けて二つあると言われています。

 

 

一つ目は(酒さ)しゅさと言って鼻を中心とした、顔の中心部の皮膚が赤みを帯びてしまう症状のことを言って、二つ目は(毛細血管拡張症)もうさいけっかんかくちょうしょうと言って、その名前の通りで毛細血管が拡張してしまう症状の事を言います。

 

酒さは、まるでお酒を飲んで酔っ払いっている様に見てしまうのが特徴的で、皮膚が慢性的に赤みを帯びていて起こる症状なのです。

 

毛細血管拡張症は皮膚の下にある真皮の部分に無数に血管が張り巡らされているのですが、何らかの理由によって、血管が拡張する事で、滞った血管が肌から透けて見える為に顔が赤くなってしまうと言われています。

 

まずは、自分が酒さタイプで顔が赤くなっているのか?それとも毛細血管拡張症によって顔が赤くなってしまうのか?その二つの理由以外でのアレルギー体質での赤ら顔なのか?皮膚が被れてしまっているのか?などと、自分の赤ら顔タイプを見極めて対処やケアする事が大切だと言えます。

 

 

まずは酒さでの場合の対処方法やケア方法は、皮脂腺が異常に発達をしてしまう事によって発症してまうので、皮膚が刺激を受けたり、熱を持ってしまうことで悪化してしまいます。

 

まずは皮膚が熱くならないように心がけることが一番の対処方法なのですが、その他の自宅で出来る対処方法やケアとしては、直射日光に当らない、スキンケアはワセリンにしてみる、アルコールを断ってみる、脂っこい食事は避ける、長時間の入浴を避ける、顔に直接触れるタオルや枕カバーをオーニック製品や肌に優しい素材にしてみる・・などの方法が効果的だと言われています。しかし、酒さの場合は皮膚科を受診して抗生物質の内服やプロトピックなどの軟膏で改善する事が多いので、自己流で皮膚に熱を持たない様にしても改善しない場合は受診をお勧めします。

 

 

次に毛細血管拡張症の対処法やケアとしては、一番に挙げれるのは気温の変化、皮膚の刺激、また自立神経の乱れなどです。

 

室内外の温度差を作らない事が、赤ら顔になりにくくなると言われています。

 

 

温暖の差があまりにも激しいと血管拡張症を悪化させる直接原因ともなるので、特に冬場は温度が低い外へ出る時には中止が必要です。マスクをしたり、マフラーやショールで顔を出来るだけカバーする事が顔を赤くさせない事に?がります。

 

 

また毛細血管拡張症の人は肌が薄くなる程に赤ら顔が目立つので、ピーリング剤やスクラブ剤を避ける事も大切です。

 

また洗浄力が強いクレジングには注意が必要です。

 

その他にも赤ら顔の人が飲むと良いとされている専用のサプリメントやビタミンEを摂取すると、赤ら顔改善の近道になるとも言われています。また最近では漢方薬が見直されていて、美容目的とすて漢方薬を飲む女性も多くいるくらいなので、漢方薬の力を借りる事も赤ら顔を改善出来る方法だと思います。

 

 

そして、最近は赤ら顔専用の化粧品も販売されているので、専用化粧品の力を借りる事も有効な方法です。

 

 

赤ら顔は劇的効果や即効性のある改善方法が無いと言われているだけに、考えられるあらゆる原因に沿ってその根気強く対処法やケアをする事で、必ず赤ら顔が改善されると信じて自分自身に合っているケア方法を見つけて欲しいと思います。

 

 

>>管理人愛用中の赤ら顔専用の化粧水はコチラ