顔が赤くなってしまう「酒さ」の治療法・ケア方法について

顔が赤くなってしまう「酒さ」の治療法・ケア方法について

 

酒さの症状というのは毛細血管の拡張が主な原因となっていますが、それが起こる原因というのは、まだはっきりと特定するているわけではありません。

 

酒さの症状というのは症状によって3段階に分かれており、初期症状は紅斑性酒さと呼ばれており、さらに吹き出物のような膿疱となると酒さ性座瘡となります。

 

最も重度である症状が、膿疱が固まりのようなコブとなってしまう鼻瘤です。

 

 

酒さの治療方法について

 

酒さの治療法はいくつかあります。

 

抗生物質の内服などを行う場合もあります。

 

この内容は主に抗生物質となりますが、他にも外用薬を併用する場合があります。

 

抗生物質含まれる軟膏などが処方される場合もありますし、アトピー性皮膚炎に使用されるタクロリムス軟膏の処方もあります。

 

さらには、美容皮膚科等ではフォトフェイシャルやレーザー治療を適応されることもあります。

 

 

酒さの症状が出やすい世代と原因について

 

酒さの症状が出やすい部分は、顔の中心部の鼻周りを含め、頬や眉間部分など広範囲に症状が出てきます。

 

酒さの症状が出てくる世代というのは30代ぐらいの方が最も多く、ホルモンバランス等の崩れも要因になっている可能性も否定はできません。

 

さらに、肌の免疫力が低下してくるのもこの世代となりますから、それに応じて対策をしていくことが大切です。

 

 

酒さの出やすい人種と紫外線との関係について

 

人種によっても酒さの発症率の割合などは全く違います。

 

日本人よりも白人に症状が多い傾向となっています。

 

アジア人の肌質と比べても、白人の肌質というのは紫外線に弱いという事も原因となっている可能性があります。

 

皮膚癌の症状が発生する率も、白人の方が圧倒的に多いので普段から紫外線を浴びないように工夫するというのも、酒さの症状を予防するのには効果的な方法です。

 

 

酒さを予防する生活習慣の改善方法

 

酒さの原因というのは未だ特定されていないのですが、バランスの良い食生活を心がけることが大切ではありますし、ビタミンやミネラルをしっかりとお肌に補給してあげることも併せて考えるべきです。

 

さらに刺激物を避けるなど工夫していくことも必要です。

 

激しい温度差なども酒さの原因となりますから熱いお湯で洗顔しないなど普段から心がけることも大切です。

 

 

酒さの症状を緩和してくれる化粧水「白漢しろ彩」

 

酒さの症状をなるべく悪化させない為の、心がけをすることが何よりも大切なのですが、赤ら顔等を改善できる基礎化粧品なども最近では販売されています。

 

赤ら顔を緩和してくれる効果がある効果的な基礎化粧品が、白漢しろ彩です。

 

こちらは毛細血管の広がりを緩和してくれる効能がありますので、酒さの症状にも最適です。

 

 

安全性も高く効果的な成分が含まれる白漢しろ彩について

 

こちらの基礎化粧品、白漢しろ彩には赤みの出やすい肌に直接アプローチしてくれる成分である、フランス地中海から抽出した美容成分の海洋性エキスが配合されています。

 

さらに、アルコール、パラベン、フェノキシエタノール、香料、着色料、鉱物油など一切配合されていない安全性も高い基礎化粧品なのです。

 

 

赤ら顔を改善してくれる白漢しろ彩の和漢成分

 

白漢しろ彩には赤ら顔改善してくれるショウガ根茎エキスや、甘草、茯苓、川?等の和漢植物エキスも配合されており、高浸透型ビタミンC誘導体や、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分もたっぷりと含まれています。

 

多層浸透バリアテクノロジーにより100%のラメラ構造を作りだす事に成功しています。

 

こちらは肌と同じ構造となっていますから、浸透力に圧倒的な差があります。

 

赤ら顔になってしまう要因というのはいくつもありますから、赤ら顔ケア専用の白漢しろ彩等の良質な化粧品でケアをすることが最もおすすめです。

 

 

>>白漢しろ彩の詳細情報についてはコチラ