ニキビ予防に関係の深いホルモンバランスについて

ニキビ予防に関係の深いホルモンバランスについて

 

ホルモンバランスが崩れると、ニキビが出来やすくなるというのは聞いたこともある方は多いかと思います。

 

しかし、具体的なメカニズムについてご存じの方は少ないかと思います。こちらのページでは、わかりやすくニキビとホルモンの関係についてお伝えしていきます。

 

 

ニキビへの関連が深いのは、女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロン、そして男性ホルモンのアンドロゲンといった性ホルモンになります。

 

これらのバランスの重要性を知ることがニキビ予防の第一歩になります。

 

 

それぞれ簡単に説明しますと、男性ホルモン(アンドロゲン)には皮脂分泌を促す働きがあり、逆に女性ホルモン(エストロゲン)には皮脂を抑える働き、そして肌本来のバリア機能を強化させる性質があります。

 

これらのホルモンが理想的なバランスを保っていれば、バリア機能が充分に働く上に皮脂分泌量もベストの状態を維持できます。

 

なので、多少の刺激を受けても肌トラブルは発生しません。つまり肌トラブルは、基本的に「ホルモンバランスが崩れた時に起こるもの」といえます。

 

 

エストロゲンのことを美肌ホルモンと称される場合も多いのですが、単純に「エストロゲンが多ければ多いほど良い」というものでもありません。

 

エストロゲン過剰の状態になると、乳がん、子宮筋腫、子宮内膜症といった婦人病のリスクを高めます。さらに皮脂の分泌を抑えすぎてしまい、かえって乾燥肌を招く可能性もでてきます。

 

特定のホルモンを増やすのではなく、本来のバランスを維持することが、美容と健康の条件になります。

 

 

妊娠・ピルとニキビの関係性

 

女性の場合、年代によるホルモン量の変化に例外が生じるのは妊娠した時になります。

 

妊娠初期は女性ホルモンと男性ホルモンが増加し、一時的に肌トラブルが増えたり、自律神経が失調したりといった問題が出てきます。それ以降はエストロゲンも大幅に増加するため、むしろ肌の状態は良好になることが多いです。いわゆる安定期に入るというのはエストロゲンの増加が充分になった頃のことを指します。

 

ちなみにピルを飲み始めたらニキビが治ったという例がありますが、これはピルには女性ホルモンを安定させる作用があるためです。簡単にいえば、妊娠中後期と同様に女性ホルモンが多い状態を作ることで、身体に妊娠中であると誤解させて、それ以上、妊娠するための準備をしないようにする薬がピルになります。

 

この事実からも、ホルモンバランスとニキビの深い関係性が理解していただけるかと思います。

 

 

 

 

ニキビは遺伝するってホント??

 

インターネット上で「遺伝的にニキビになりやすい肌質というものがある」という噂がまことしやかに流れています。

 

個人的にかなり気になったので、科学的な真偽は一体どうなのか調べてみました。

 

ホルモンバランスとの関係のついでと言ってはなんですが、遺伝についても触れておきたいと思います。

 

ご家族にニキビ肌の方が多いという方は是非チェックしてみてください。

 

 

まずこの「ニキビ遺伝問題」を解決する前にはまず、「ニキビになりやすい肌質」を理解していなければなりません。

 

確かにニキビが多発する肌質、体質というものは存在していて、特に注意するべき要素は3つあります。

 

まず、毛穴が小さいために角栓が詰まりやすいこと、次に代謝機能が低いために肌のターンオーバーが活発でないこと、そして皮脂分泌量が多くニキビの悪化を招きやすいことの3つになります。

 

これらの条件に合致している方は、ニキビが出来やすい体質であると考えられます。

 

これらの特徴は先天的に遺伝で決まる要素が強く、その意味では「ニキビは遺伝する」という考え方は間違いではありません。

 

 

また、厳密には遺伝ではないのですが、両親の生活習慣を真似てしまうことでニキビ体質が遺伝したかのように見える場合があります。

 

極端な運動不足は身体にとってストレスとなりますし、夜更かしで睡眠不足が続くと肌のターンオーバーが乱れますので、こういった生活習慣を続けていればニキビは増えてしまいます・・・。

 

さらに炭水化物をとりすぎると皮脂分泌量が増えてニキビの悪化を促進してしまいます・・・。

 

遺伝とニキビの関連を考える上では、肌質だけでなく、こうした習慣的要素についても関係があるといってもいいのではないでしょうか。